『ムーミン名作絵ばなし かえってきたノンノン』

0
    昭和45年に出版された、テレビ版ムーミンの絵本が入荷しました。
    原作とはかけ離れた、だいぶおもしろい内容なのでご紹介します。

    ムーミンはある日、おはなをつみにいって、かわいいおんなのこに出会います。
    「き、きみは、だれなの?」

    その子のことが気になってしかたないムーミンはスナフキンへ相談します。
    「そのこのことを かんがえると、むねのところが、へんなの。」
    「むねのところが へんなのか・・・。きっと そのこを すきに なったんだよ」
    「どうしたら ともだちに なれるかな。」
    「おうちの まどのしたで、うたを うたえば おはなしだって できるだろうね」
    「そうか、あのこ ノンノンって いうのか・・・」
    ムーミンはいつもパパが歌う歌を練習します。
    「きみこそは わが こころのともよ。いざ、きみは たいよう、いざ、きみは まんげつ、
    いざ、とくに すばらしきは、きみが えくぼなり、いざ いざ」

    ムーミンがノンノンの住むテラスの下から歌いかけると
    「すてきな うたね、ムーミン」とノンノンがでてきました。
    しかしスノークがノンノンをとめます。「やめなさい!はしたない!」
    ムーミンはノンノンとお話ができずふさぎこみます。
    するとパパが「スノークと ノンノンのかんげいゴーゴーたいかいが ひらかれることを しっているかね。」
    ムーミンの目の前が明るくなりました。「ゴーゴーたいかい、・・・そうだ!」

    ムーミンはノンノンにプレゼントをあげようと思いつきました
    そこで街角で歌を歌ってお金をかせぐことにしました。
    けれど誰もきいてはくれません。かわってうたったミイの声に人々は耳をふさぎます。
    ムーミンはくつみがきもはじめました。

    しかし、くつを みがかせるために、みんなのくつに どろを ぬったのは、よくありませんでした。

    パパにおしりを叩かれて叱られたムーミンでしたが、
    それでもどうやら真珠のブローチを買えるだけのお金を貯めることができました。
    「あら、ムーミン、しばらくね、おげんき?」
    「うん、ぼく、きみに いいもの もってきたよ」
    ムーミンは、なんだか むねが どきどきしました。
    ノンノンの ひとみが ぱちぱちぱちと ほしのように かがやきました。
    ところが それを みていた スノークは「なんだ、こんな やすもの!」なんて いってしまったのです。
    おおきい こえでしたので、すこしのあいだ、あたりが しいんとしました。

    「ぼく、おこったぞ。」
    ムーミンは おもわず スノークをつきとばして しまいました。

    ふたりのケンカはとまりません。。。
    「やめて!おにいさん、ムーミン。」
    ノンノンの流した涙が、真珠のブローチの横でひかっていました。
    その涙のブローチがあんまりきれいだったので、ふたりは仲直り。
    スノークはムーミンにノンノンをまかせ、帰っていきます。

    スナフキンは、スノークに かたをかしてやることにしました。
    おつきさまが  ちょうど かおを だして、 にっこり よにんに わらいかけていました。

    おしまい。

    このアニメシリーズが、トーベさんから日本国内のみでしか放送を許してもらえなかったのも頷けます。
    「手を伸ばさないとできないならば、ギターの演奏はやめてほしい」という旨のことも
    トーベ・ヤンソンからの手紙には書いてあったそうです。
    確かに無理がありますね。。。
    それでも私は小さいころ、このやんちゃで俗っぽいムーミンや、ダンディなスナフキン、
    のんびりしたママやパパがとっても大好きで、再放送を楽しみに見ていました。
    スナフキンが原作ではギターではなくハーモニカを吹いていると知って、
    「あんまりダンディじゃない・・・!!」とショックを受けたことを覚えています。
    今聞くと初期アニメのスナフキンの歌声、すごくおじさんでこれもショックですが・・・
    おさびしやまのうた→https://youtu.be/67mvgPG9K1Q





    Insel-Bucherei ドイツ インゼル文庫 入荷しました。

    0
      1912年にライプツィヒで設立し、100年以上の歴史を持つインゼル出版からは
      1800以上の本が出版されているそうです。
      芸術や文学、音楽や動植物まで様々なテーマで綴られた
      ”インゼル文庫”が当店にも何冊か入荷しました。
      繊細なパターンが美しいの装幀のポケットサイズの本は、
      手に取ってぱらぱらとめくるだけでも贅沢な読書体験が味わえる気がします。





      ネットショップはこちら→http://julybooks.thebase.in/
      (それぞれの商品名からもとぶことができます。)

      入荷おすすめ『手袋のおもちゃ』

      0
        『手袋のおもちゃ』グラフ社 昭和54年発行
         
        手袋で作るぬいぐるみや指人形、ゆるくってかわいいです。

        まずは簡単に作れるものから 

        少しふしぎ。
        躍動感あふれる手袋の子どもたちin海
        ちょっと意味がわかりません。
        花を持たせたりしてにくい演出。
        ぶれちゃいましたが、たぬきかわいいです。

        『山の独奏曲』串田孫一

        0
          入荷おすすめ

           『山の独奏曲』串田孫一
           
          詩人・哲学・随筆・翻訳など、多岐にわたる仕事をしていた串田孫一。
          山の文芸誌『アルプ』の創刊や『山のパンセ』『忘れえぬ山』など
          山を愛し、山にまつわる本も数多く出版しています。
          本書は「画文集」で、山のエッセイと著者本人による
          グラフィック・アートのような挿絵と装幀がモダンな一冊。
          函を外すと、憎いほどにシンプルな表紙。
          抽象的で踊るような挿絵が楽しいです。

          ちなみに山といえば、この本がとても素敵でした。
          『山へよする』竹久夢二
          大正時代に出た夢二の詩集の復刻版です。
          ポケットサイズのハードカバー。
          カバーをはずすとこれまたかっこいい装丁なんですが、
          写真を撮り忘れたまま、売れていきました。
          いつか再入荷したらきちんと紹介したいです。


          『赤毛のアンのお料理ノート』『ズッケロとカピートに仔猫が生まれた』

          0
             かわいい本が入荷しました。

            『赤毛のアンのお料理ノート』
            70〜80年代に、文化出版局が出版していた児童文学レシピ本。
            くまのプーさんや不思議の国のアリス、大草原の小さな家など色々と出ていますが、
            どれも装幀やデザインがかわいい!
            本書では赤毛のアンに出てくるような、カントリー風のお料理を多数紹介しています。
            ところどころで写真や作品からの引用文もあり、とてもおしゃれ。
            そしてこの本、ページのはしが全部丸いんです。
            この細かいかわいさがたまりません!


            そしてもう一冊。
            『ズッケロとカピートに仔猫が生まれた日』
            1978年に出版された写真集。
            写真家の西川治さんが、ある撮影のためにミラノに家族で移り住みました。
            そこで借りた一軒家があまりにも広くクラシックだったため、
            「猫でもかえば家が賑やかになるのでは」と、探してもらわれてきた2匹の仔猫。
            ズッケロ(女の子)と カピート(男の子)はすぐに仲良くなり、
            家のあちこちをいったりきたり。
            そのかわいらしい様を写真に収めたのが本書。
            猫たちとともに写される家や庭の景色がとても良く、
            むかし憧れた異国の情緒とノスタルジーを感じます。
            写真には文章がなく、最後にそのいきさつや猫たちのその後が著者によって書かれています。
            古いこの家や猫を含めた家族の時が静かに胸に降りてくるようです。

            『Olive 1990/10/3 少女まんが、大好き!』

            0
              買取した『Olive』の中に、これは!という特集を発見しました。
                
              その特集は「少女まんが、大好き!」!!
              当時人気のあった少女まんが家さんたちのインタビューから、
              話題のまんが、や憧れの先生たちをご紹介。

              大島弓子先生の愛猫サバの写真が!

              陸奥A子さんへの問いは
              「女の子の小さな幸せ、とは、なんだと思いますか」
               A、髪をのばしてる女の子だったら、
                  みつ編みの数が増えてゆくこととか・・・かなあ?

              少女まんが好きOlive好きなら、わわわ!と興奮してしまう記事がたくさん!

              そしてこの号、他の記事も良い!

              特集「エロティシズムってなに?」
              「ロリータの気分に、浸りたい」
              このページのスタイリングは大森瑛柑劼気

              ファッション記事「楽しかったよ!おしゃれ週末旅行」
              今見てもまったく古くないスタイリングは岡尾美代子さん

              本を紹介している常設ページのゲストはフリッパーズ・ギター
              「気に入ったなら、なんでもそれが楽園(パラダイス)さ!」
              ガッツポーズ

              読み返す度に発見があって、やっぱりOliveは面白い!

              20年後に読み返してみて興奮する雑誌はどれだろう?
              と思って本屋さんを歩くのも楽しいですね。

              『ジャック・ケルアックと過ごした日々』

              0
                最近ある書店で
                『ジャック・ケルアックと過ごした日々』という本を手にしました。

                正方形に近い形で厚くてシンプルでペーパーバックのような雰囲気、
                「ケルアックの最初の妻、イーディー・ケルアックによる回想録」と
                帯には書かれていました。
                今まで見たことのない本、初めて耳にする出版社だったので、
                お店の人に尋ねると、
                新宿で女性一人がやっている出版社だということ。

                その本の佇まいとバックグラウンドに惹かれて、
                連絡先を教えてもらいメールを送りました。

                そして当店でも、
                この『ジャック・ケルアックと過ごした日々』を
                お取扱いさせていただくことになりました。

                トランジスター・プレスの佐藤さんが
                「ビートというと、どうも男らしいイメージが強いけれど、
                女性でもビートに惹かれる人はたくさんいる。
                男性だけのものじゃないということをもっと伝えたい」
                ということをおしゃっていて、
                そういう思いとともににこんな素敵な本を作っているんだなあ、
                かっこいいなあと思いました。

                大切な一冊なる予感を感じさせるような本です。
                ぜひ店頭で手に取ってみてください。


                2013/08/11入荷おすすめ

                0
                     『とらのゆめ』タイガー立石(ご購入はこちら
                     
                  みどりのとらが夢の中を闊歩していくシュールな絵本。
                  画家・漫画家として活動したのち、世界各地を滞在しながら
                  建築やデザイン・イラストレーションの仕事を手掛けたタイガー立石。
                  ふたたび日本に戻ってからは絵本の制作にも関わっています。
                  1998年に死去。現在もファンが多く、
                  2008年にビリケン出版から『とらのゆめ』が復刻、
                  (もとは福音館『こどものとも傑作集』で出版されていた。)
                  2010年に工作舎から作品集『TRA』が出版され、
                  新しいファンを獲得しています。
                    

                    『SIX FAIRY TALES FROM THE BROTHERS GRIMM
                         WITH ILLUSTRATIONS BY DAVID HOCKNEY』
                     (ご購入はこちら
                    
                  6つのグリム童話に、デヴィッド・ホックニーが39枚の挿絵を描いています。
                  1970年に革貼りの装幀で出版されたものが、
                  ざらざらとした布の装幀で出版されなおしました。
                  やや小ぶりのシックな一冊です。(テキストは英語)
                      

                   
                    『ノーム くらし篇』
                    
                  70年代に、オランダの画家リーン・ポールトフリートと、
                  科学者のヴィル・ヒュインゲンによって書かれたノームの本は、
                  世界的な大ベストセラーになり、日本でも何冊か翻訳されました。
                  こちらはノームのくらし編。
                  これでもかと詳細に設定(「記録」と本の中では言っています)された
                  ノーム=小人たちのくらしは、まるで本当に実在するかのよう。
                   
                    

                  畦地梅太郎フェア始まりました

                  0
                       
                    「山の版画家」と呼ばれ、今なお愛好家の多い畦地梅太郎。
                    昨今では山ブームもあってか、若い人にもファンが増えつつあると聞きます。
                    かくいう私も、小学校の川場村での移動教室で
                    部屋に飾られていた雪男の版画を見てからのファン。

                    今月の頭に、小田急線の鶴川駅にある
                    畦地梅太郎のかつてのアトリエをギャラリーとした「あとりえ・う」さんを訪ねました。
                    何枚もの版画作品を見、運営をされているご家族とお話もさせていただき、
                    とても贅沢な素敵な時間をすごしました。

                    そしてこの度、当店でも畦地梅太郎のグッズを販売させていただけることになりました。
                    てぬぐいや缶バッチ、ポストカードなどのグッズや、
                    作品カタログや、オリジナル絵本、大判の作品集など、
                    書籍も何点か扱っています。
                    これから古本で、山の本ももう少し増やしていけたらなと思っています。

                    お取扱い開始記念に、現在は大きな平台でフェアのようにしています。

                    山男も山女もそうでない人も、
                    力強くプリミティブな作品の魅力に、ぜひ浸りにいらしてください。

                    プチコミックス萩尾望都作品集

                    0
                      プチコミックスの萩尾望都作品集の1期(赤い表紙)

                      初期の作品が揃っていて、大きな版でやや厚めで、読み応えもちょうど良い。
                      なによりこの赤が良い!
                      なので私は萩尾望都といえばこちらをおすすめしたいのです。
                      (最近の作品は入っていないのですが)



                      めまぐるしく表情を変える登場人物たちや躍動感にあふれるセリフ、
                      背景の線の一本一本までがのびのびとしていて、
                      マンガを描くのが楽しくて仕方がないという作者の気持ちが伝わってくるよう。
                      とてもかわいらしくて読むたびに萩尾望都が好きになります。

                      少し前までは、けっこうあちこちの古本屋さんで見かけたこのシリーズ、
                      最近だんだんと見なくなってきているので、
                      集めたい方は今の内かもしれません。

                      JulyBooksでも、積極的に仕入れたいです!


                      | 1/6PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                        12345
                      6789101112
                      13141516171819
                      20212223242526
                      2728293031  
                      << August 2017 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM